気づけば師走...!!
0

    皆さま、こんばんは(*^^*)


    段々寒くなってきていますが、お元気でおすごしですか?


    前回、インフルエンザのワクチンについて書きましたが、、、11月なのにもう流行り始めているとのこと..

    しかし、やはりワクチンは足りない状況で、予防接種の予約受付を中止している病院も多いようですね(!)

    できることは、一に手洗い、二にうがい、最重要は日頃の免疫、と、言ったところでしょうか。。。

    助けてくれるワクチンが無い訳ですから、あとは自分で予防するしかありませんね(`・・´)ゞ


    お仕事をされている方は大詰めの時期、また忘年会シーズン、不規則な生活や栄養バランスの偏りなどで体調を崩さないよう気をつけ、何かいつもと違った身体の異変(サイン)があった時には見逃さず、早めの対処を心がけましょう!!


    明日からはさらに寒くなるとのこと。。

    暖かくしておすごしください(ノ´∀`*)



     *ウェルネットで2番目に健康なお姉さん*



    | wellclub | - | 19:17 | comments(0) | - |
    インフルエンザの予防接種
    0

      こんばんは星空

       

      一気に寒くなって、ぐんと秋が進んだ感じがしますね秋

       

       

      今日、とある病院で聞いた話ですが、インフルエンザのワクチンは製造段階でミス(?)があって製造数が少なく、今年は入手しにくいそう。。。

       

      もしかしたら、そこの病院だけの話かもしれませんが、とは言え、ワクチン不足ですぐに接種できない事態は割とよく起こるので、今年接種を考えている方は、お早めに予約するなどしたほうが良いかもしれませんねメモ電球

       

      これからどんどん寒くなりますが、お元気にお過ごしください♪))

       

       

       *ウェルネットで2番目に健康なお姉さん*

       

       

       

      | wellclub | - | 22:03 | comments(0) | - |
      大変ご無沙汰しております(._.)
      0

        大変ご無沙汰しております(._.)

         

        皆さま、お元気ですか?

        夏があまりに暑く、しばらく冬眠ならぬ夏眠(?!)に入ってしまっていました..。

         

        気づけばもうスッカリ秋!!!

        朝晩冷えるようになってきましたね栗

         

         

        さて、皆さま、『美容院脳卒中症候群』という症状を聞かれたことはありますか?

         

        私は初めて目にしたんですが、、、

        ちょっと珍しい(?)と思い、今日取りあげてみようと、久々にこのブログを開きましたもくもくもくもく

         

        簡単に言うと、美容院でシャンプーをしてもらっている時、本来気持ちの良いことだと思いますが、吐き気やめまいがしたり、手足がしびれる、冷や汗が出る、首や後頭部に痛みを感じる、嘔吐すると言った症状が現れることで、意外と多いことのようですびっくり!

         

        シャンプー中に首を後ろ側へ反らせている状態が、頚椎から脳へ繋がっている動脈を圧迫し血流が低下することによって起こるということです。

        また、それにともなって小さな血栓ができることもあり、姿勢を元に戻した時に血液が勢いよく流れ、血管内に血栓が押し流されて詰まる(脳卒中になる)こともあるそうですサイレン

         

        今までは美容院でシャンプーしてもらってもならなかったという人がなることも多いようです。

         

        【なってしまった時の対処法】

        ●シャンプー中に症状が出たら、美容師さんに伝え、休む (休むと回復することも多い)

        ●それでも回復しなかったり悪化する場合は病院へ(神経内科,脳神経外科)

         特に手足がしびれたり動かせない,ろれつが回らない,激しい頭痛がある場合などは迅速に受診する

         

        美容院から帰宅した後に発症することもあるようなのでご注意を。。。

         

        【予防法】

        生活習慣やストレスから起こるので、普段の生活から、血流が滞らないよう気をつけておきましょう!

        ●水分補給

          喉が渇いたと感じなかったり、汗をかかない季節でも、

          生きている以上は必ず皮膚などから水分が抜けていっているので、

          こまめに少しずつ水分を摂る習慣をもちましょう。

          (水分が不足していると、血液ドロドロ..血流が悪くなります)

         

        ●飲酒は適量で

          お酒には利尿作用=排尿を促す作用があります。

          お酒を飲むと、普段より水分が体外へ出る量が増え、

          脱水症状になりやすいので、飲酒はほどほどに、お酒を飲んだら

          アルコール以外の飲み物も摂るようにしましょう。

         

        ●リラックス

          ストレスがたまると、首や背骨周辺の筋肉が緊張し

          首の動きが悪くなったり、力のコントロールがしにくくなったり、

          またシャンプー台に頭を乗せた時に首に痛みが出ることがあります。

          日頃から、リラックスする時間を作ったり、デスクワークなどの

          首が凝りやすい姿勢を続けたときには、ゆったりと首まわりの

          ストレッチをするなど、ケアもお忘れなく。

         

        ●運動

          運動不足も大敵です。運動量の少ない人は血流が悪くなっている

          場合も多く、筋肉も硬くなりやすいので、日頃から運動するよう

          心がけ、美容院に行く前にも首まわりや肩甲骨まわりを少し

          動かしてほぐしてから向かうと良いでしょう。

         

        いかがでしたか?

         

        私は初めて聞いた症状でしたが、どんなことをするにも身体中がつながっているんだなぁと、また、日常と健康もつながっているんだなぁと、改めて実感しましたルーペ

        皆さまも、美容院に行かない時でも、生活習慣に気をつけてくださいね!

         

        では、また〜バイバイ

        近いうちに書きます、、、きっと。。。

         

        ※『All About』参照

         

         *ウェルネットで2番目に健康なお姉さん*

         

         

         

        | wellclub | - | 20:01 | comments(0) | - |
        糖質中毒
        0

          みなさま、ゴールデンウィークは、いかがお過ごしでしたか?

          もう、最終日ですね。。。泣き

           

           

          昨日の日刊ゲンダイ デジタルに、“糖質中毒”のお話しが出ていましたジュース 

          少しずつ暑くなってくるこの季節、喉が渇きやすく、ジュースや清涼飲料水を口にする機会も増えると思いますが、糖質がとても多いので、注意が必要ですどこも

           

          糖分を摂取すると、血糖値が上昇→エンドルフィンやドーパミンといった脳内麻薬のホルモンが分泌され、気分が良くなります音符

           

          しかし、体内では、血糖値を抑えるために膵臓がインスリンを分泌→血糖値が下がればまた糖分を取り込み、膵臓が働く………

          この繰り返しで膵臓はフル活動!!パンチパンチパンチ

          やがては膵臓が疲弊し、糖尿病へとつながるリスクが高くなります。

           

          糖質中毒の症状としては、 

           朝起きると身体がダルイ、糖分が欲しいと感じる

           糖分を取れば、幸福感&ハイになり、子供っぽくなる

           その後再び身体がダルくなり、集中力が低下、イライラする、糖分を欲する

          この繰り返しのようです。

           

          元々、日々の食事全体を考えても、日本人は炭水化物が多いので、余計に糖質中毒に陥りやすいそうです。

           

           

          最近あまり聞かなくなったようにも思いますが、“ペットボトル症候群”に気をつけましょう、というのも、少し前にはよく言いました。

          ペットボトルに入った清涼飲料水など、現代ではいつでもどこでも手に入り気軽に口にできるので、ついコンビニなどで買っては、喉が渇いた・渇いてないに関わらずしょっちゅう摂取する人をよく見かけます。

          糖分の取り過ぎや、甘みを感じる味覚のセンサーに異常が現れたりといった症状もありますので、日頃の飲み物も、注意が必要ですビックリマーク

           

          これから夏に向かっていきます夏

          少しの意識で、健康な夏を過ごしましょう(*^^)/"   

           

           

           *ウェルネットで2番目に健康なお姉さん*

           

           

          | wellclub | - | 13:40 | comments(0) | - |
          お酒の適量
          0
            ついこの前 桜が〜 なんて言っていたと思ったら、もう世間は緑一色!ですね葉っぱ

            我が家では、今、たけのこ一色!です(o^∀^o)
            毎年、ご近所さんから、掘りたてのたけのこをたくさんいただくんですが、
            掘りたてのたけのこって、、、本当に(>_<)おいしいんです><!!
            幸せな春のこの時期です♪♪))

            さて、皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?
            歓送迎会の時期を駈け抜けたら、もうゴールデンウィーク。。。
            飲み過ぎてないですか?!?!急ぐ
            かく言う私も、先日、15年ぶりにかつてのチームメイトで集まり、つい、つい、、、飲み過ぎてしまい翌日が大変でしたが(汗)汗


            今日は、“お酒の適量” についてお伝えしていきたいと思いますお酒メモ

            お酒は、“適度” に飲むと健康に良いはなまるとされていますが、誰しもご存知の通り、飲み過ぎると健康を害してしまうものですドクロ
            国は、『節度ある適度な飲酒』として、
              1日あたり純アルコール量20g(日本酒一合相当)
              ※女性や65歳以上の方では10g
            と、定めています。

            その量を超して、
              純アルコール量40g(日本酒二合相当)以上
              ※女性や65歳以上の方では20g以上
            となれば、『生活習慣病のリスクを高める量』となります。

            では、他の酒類ではどのぐらいの量にあたるんでしょうか?
            上記にある “純アルコール量20g(日本酒一合相当)” を、他の酒類で見てみましょう虫眼鏡
             矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
             ●ビール(5%)・・・・500ml
             ●焼酎(25%) ・・・・110ml
             ●ウィスキー ・・・・60ml
             ●ワイン(12%) ・・・200ml

            この量が、1日あたりに飲んだとしても“適度”とされるアルコールの量(※女性や65歳以上の方はこれの半分の量)ですので、これからゴールデンウィーク後半、本格的にお休みに入られる方も多いと思いますが、意識の片隅においておくようにされてはいかがでしょうか?!乾杯きらきら

            素敵なゴールデンウィークをお過ごしください(*^^)v


             *ウェルネットで2番目に健康なお姉さん*

             
            | wellclub | - | 17:57 | comments(0) | - |