デング熱
0
    9/2現在、デング熱の国内感染者が計36人に達したとのことです。
    大阪でも感染者が出ています。
    そこで、デング熱の症状の実態と予防法を挙げてみました。
    デング熱に対する理解を深め、正しい知識や予防法を身につけましょう。

    ●感染・発症
    多くは、東南アジア、中南米の熱帯で多く発症し、
    デングウイルスに感染した蚊に刺されることで感染し、
    2〜15日(多くは3〜7日)後、発症します。
    ※人から人には感染しません。

    ●症状
    突然の発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛等で予後は比較的良好な感染症です。

    ●予防
    デング熱には特異的な治療法はなく、現在のところ、ワクチンもありません。
    唯一の予防策は蚊に刺されないことです。
    日中にヤブや木陰といった蚊が多い場所に行く場合は長袖・長ズボンを
    着用するとよいでしょう。
                 T.Mうに
    | | 病気 | 21:39 | comments(0) | - |