七草がゆ
0
    新年、明けましておめでとうございます正月

    昨年は、当ブログをご覧いただきありがとうございました!
    本年も、どうぞお付き合いよろしくお願いいたします!!

    さて、2017年を迎えましたが、皆さま、新年はいかがお過ごしですか?
    4日,5日頃〜お仕事が始まった方も多いと思いますが、、、まだまだカラダもこころも年始休みモードの私です(--;)寝る


    そんな私が、夢の中から(?!)お届けするのは、
      “ 七草がゆ ”
    についてです電球

    七草がゆは、無病息災を願い1月7日に食べられることが多いですが、もう一つの七草がゆの役割は、
      “ 胃腸のケア ”

    お正月の間、つい食べ過ぎ飲み過ぎてしまった方、新年会が重なっている方など、胃腸を酷使している方も多いでしょう。。。

    人間には、
     ・交感神経
        活発に動いたり、気持ちを奮い立たせるときに働く神経
     ・副交感神経
        リラックスしたり、穏やかな気持ちのときに働く神経
    があります。

    健康であれば、この両方のバランスはうまくとれていますが、寝不足,多忙,ストレス,緊張などがあると交感神経が優位に働き、発汗や動悸、さらには胃酸がたくさん分泌されて胃の粘膜の粘液を減らしてしまいます。
    そうなると、胸やけや胃痛,胃炎や逆流性食道炎の原因となる場合もあります。
    そして、胃とつながっている腸も、その影響を受けて不調になっていくことがあります。
    食べ過ぎなくてもこのように起こる症状ですが、暴飲暴食などが続くと、胃に対する負担も増え、上記のような症状があらわれます。

    新年が始まってから少しして、何となく体調が思わしくない方が増えたりするのはこういう訳なんですね。


    昔の方はよく考えたものです。。。
    新年会こそ現代の年中行事ですが、新年のおもてなしで疲れた胃や腸に“七草がゆ”、よく考えられたものです。

    ここで、七草がゆについて、もう少し効能を見ていきますむしめがね
    “七草”には、
     *疲労回復
     *健胃作用
     *利尿作用
     *解毒作用
     *解熱作用
     *肝臓回復
     *風邪予防
    など の効果があり、
    また、冬に不足しがちな青物野菜も摂れるため、
    体調をリセットするにはもってこいですねピースキラキラ

    胃腸からくる体調不良を長引かせないためにも、ぜひ明日は七草がゆを召しあがって、良い週末をお過ごしくださいねn(._.)n


     *ウェルネットで2番目に健康なお姉さん*


    ※参考:おたくま経済新聞

     
    | wellclub | - | 19:27 | comments(0) | - |